GGマークは、グッチのG、そして「グレート」のG!

誰もが知っているグッチの「GG」のロゴは、飽きがこずシンプルでありながら、品があります。
「ランドルト環」をイメージしてしまうコーチの「C」マークは、好き嫌いが分かれるようですが、
グッチのロゴは、万人受けするデザインではないでしょうか。

ルイヴィトンと並んで、昔からの定番ブランドとして、知名度と人気を継続していますし、
ハンドメイドの皮製品として高級でありながら、値段も破格に高いイメージがなく、上品にカジュアル使いもできるブランドです。

シャネルやロエベなどは、比較的年齢層の高い方が持つイメージがありますが、
デザイナーの交代で、今はグッチは若い世代向けの印象が強くなったものの、幅広い年齢の方に対応したデザインで展開され、愛用されているのです。

グッチと言えば、財布というように、GGキャンバスは有名です。
最近ではメタリックやエナメル素材のものもありますが、昔から、グッチの代表格として、このキャンバス財布は人気で愛用者も多くいるのです。

ですが、グッチのキャンバスは、素材の性質上、擦れや汚れが目立ってしまい「使用感」がでてしまうので、ブランド買い取り査定では、あまり高値が期待できない商品となってしまいます。

グッチは、素材とデザインの良さと品質、ロゴの「ブランド力」で、きっとこれからも永遠に、その(王座)を維持しつづけるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です