小さめのショルダーは、とても品があって可愛いグッチ!

グッチは以前使いましたが、とても品質がいいです。
カバンらしい肌触りとか、物のしっかりした感じだとか、一つ一つ丁寧に作られた感じだとか、高級感や、落ち着いた色合いだとか、小物に断然いいと思います。
シャネルや、ルイ・ヴィトンは、高齢者になるとみんなが似合うか?といえば、そうではないと思いますし、それでも好きな人は持つだろうけどグッチの方が高齢の人が着る洋服に合わせやすいというのがあります。
私も自分が年を取ったら着る洋服が変わるので、選ぶブランドも変えると思います。

ショルダーもグッチやコーチの方が手軽に季節を選ばず、全体的に合わせて使えそうだし、楽です。
特に女性はスカーフや、ネックレス、指輪など、いろいろアクセントをつけて、装いを変えますから、グッチやコーチはどれとでも合います。

ヴィトンは茶色系で洋服をまとめてしまうと、そこにまた茶色いカバンはしつこいです。
ブーツもキャラメル系の色を持つ人が多いので、薄いベージュ色の安いブーツだとカバンだけブランドだと、逆に変です。そういうときはカバンでもアクティブ系のSAC(サック)の方が合うし、グッチは大事なときに持ちたいアイテムとして、どこまで支持を得るか?ということだと思います。

今持っている洋服、着ている服に合うブランドじゃないと、せっかくどんなにいいものでも、そのブランドだけが浮いてしまって、全体的なバランスで見るとおかしいので、個性の強すぎるものよりグッチみたいな割と地味なタイプが好きな人は多いです。

私の周りでは子育てをやっているミセスが割とグッチのファンで、使いやすいのかオシャレに見せてくれるのか、トート系バッグやショルダーなどを肩に掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です